DFAフローリスト資格認定協会とは フランス留学 資格取得 教室開校

TOP > DFAフローリスト資格認定協会とは

DFAフローリスト資格認定協会とは

当協会は、フローリストの技術や知識を一定の基準で検定し、公証する資格認定試験により、社会的・経済的地位の向上を図ることを目的として活動している協会です。

花の業界で仕事をしたい方の相談やサポート業務を行い、花を通じた職業能力の開発や雇用の助けになることを理想としています。

DFAフローリスト資格認定協会の認定校のメリット

DFAフローリスト資格認定協会(Diploma Floral Association)という大きな母体に所属することで、一定の水準の教師であることが認定され、個人教室では得られない信頼感と安心感を生徒さんにあたえられます。

修了証が発行できるので、生徒さんに継続の楽しみを与えることができ、教師資格の発行ができるので目的を持って生徒の指導を行う事ができます。また、インターネットサイトや雑誌広告の広告料が安くなります。

DFAフローリスト資格認定協会の認定校となるには

認定教室で単位を取得し、試験に合格すれば認定校は開校できます。

また、フラワーアレンジメント・プリザーブドフラワー・生け花・海外のディプロマを取得した方、花の実務経験5年以上の方は、編入試験、公開認定試験合格後、教室を開校できます。認定校になるには試験が必要です。

《関連情報》

資格取得までの流れ >>

DFA教師資格試験申請書(PDF):ダウンロード >>

資格認定協会の直営認定校のメリット

直営認定校になると、協会から下記のような適切な教室運営のサポートが受けられます。

・協会主催の講座の受講料が割引(一部除外あり)。

・HPのサポート、広告出稿アドバイス。

・インターネットサイトや雑誌広告の広告料が認定校より割引。

・直営専門のフリーダイヤルの利用や著作権のある公式写真の使用権利。

・教室運営、見通しのフォロー ・・等

《関連情報》

サポート体制 >>

編入認定登録制度

ライセンスをもっている方や、途中まで勉強を続けていた方の受入れ体制もあります。

今までのノート、写真、質疑応答等から判断して、他スクール等で学んだ方の単位免除が教師の責任で行えます。

教師として編入する場合は、ライセンスの種類や実力を判断させていただき(編入認定登録試験)、DFAフローリスト資格認定協会会員教師になれます。実力重視なので出身スクールには関係ありません。

《関連情報》

公開認定試験/編入認定試験 >>

指導内容

アレンジメントディプロマコースの基礎科、高等科、本科の内容は他のスクールと違い、細かい指導までおこなう事で定評を得てます。形だけの指導ではなく空間のとりかた、厚みの取り方、適した飾り方等を指導しています。
現代的な花の組み合わせ、色合わせでは数あるスクールのなかでも評判です。
古い形にこだわらず流行を取り入れたデザインを紹介し、指導しています。
また、指導できるコースが多いので、来校者数を増やす事にもつながります。DFAのカリキュラムに添って指導すれば生徒さんに自然と実力がついていきます。カリキュラムが提供されるので教師の方は楽に指導活動ができます。

フランス留学

当協会は、フランスの文化と日本の文化を大切にしたアレンジメントを中心に指導しています。
生け花をやっていた方もアレンジから入った方も取り入れやすい指導内容です。
当校認定教室で基礎を学ぶ事で安心してフランス留学へ行くことができます。

《関連情報》

留学のご案内 >>

教師試験

当協会の試験は不合格になる場合もあります。これは当協会のカリキュラム内容をきちんと指導していただく方針に基づいて判断しているためです。ですから、当協会の教師試験に合格した先生は知識実力ともに自信をもっていただいただけるものです。

しかし、デザインの世界は勉強しなければ、技術は衰え、流行遅れなど、身につけた技術が風化してしまいます。

資格取得後も技術を磨いて行く事が必要です。

《関連情報》

資格試験について >>

資格取得までの経費

教師資格までの経費、また開校登録料無料など、他校では当たり前にかかる金額を、低額に設定しています。他と比べてみてください。

教室開校までの日数

DFAでは教師資格を取った日から本人の希望で開校できます。
転勤のある方でも、子供さんの小さい方でも開校できます。これはDFA独自のシステムです。
スクールによっては資格を取得したのになかなか教室開校までたどりつかない矛盾を廃止したものです。通常、教室開校まできても、高額の開校費用や登録料などがかかることが多いようです。

教室開校までのお手伝い

開校までのお手伝いは開校費用なしで、DFAは指導しています。生徒募集という1番の悩みもアドバイスいたします。教師資格を取得し、開校の意志はあっても何をしていいのか分からない方には協会教師が指導致します。
また、DFAは引き立て教師制を導入しているので一番身近な教師から指導をうけられます。カリキュラムの立て方、花の買い方等も引き立て教師が指導してくれます。
また、開校をして運営がうまくいかないときも運営の見直しを行ないます。インストラクターとして必要なことが学べる養成講座もあります。

《関連情報》

サポート体制 >>

教師の収入

資材費も教師の方の大きな収入です。DFAでは資材購入のルートをご紹介しています。DFA教師のみの特典で通常一般教師では仕入れられない価格で仕入れられます。

1級認定教室の生徒がDFA教師資格試験を受験して合格した場合は、引き立て者に謝礼が支払われます。教師の収入につながりますので、1級教師を目指すとよいでしょう。

DFAの紹介で入会した生徒さんのお月謝もすべて教師の先生の収入となり、本部に納める必要はありません。教師の先生がDFAに納めるお金は年会費になります。

DFAグループとしての教師活動

DFAグループには支部があり、支部に所属すると「研究会」での勉強を低料金で受講できます。

教師になってからも研究会やDFA主催の講座を受講する事により、スキルアップする事ができます。

多様化する生徒さんのニーズに対応できるように、最新の情報と技術が学べるようになっています。

地域ごとの支部はネットワークで情報が随時入ってきます。また、先輩の先生と交流ができるのでアドバイスもいただけます。支部活動に参加する事で地域の先生と交流、又、支部に自分の意見や方針を取り入れながら楽しく活動ができます。

《関連情報》

資格取得者の声 >>

Diploma Florist Association DFAフローリスト資格認定協会

〒107-0062 東京都港区南青山3-16-14 プラサーダ青山302 / TEL:03-6447-0103